リウマチ・膠原病内科

朝方、指や足の関節がこわばったり、痛みを感じるという症状は、高齢の方にはありがちですが、リウマチという病気の可能性があります。
慢性関節リウマチ、SLE(全身性エリテマトーデス)、あるいは他の膠原病といった自己免疫性疾患であるリウマチ疾患の治療にあたっては、
きちんとした検査を行って専門医の先生に病因を見極めていただくことが大切です。
当院では、藤田医科大学病院リウマチ・膠原病内科主任教授の安岡秀剛先生に診察を行っていただいております。

一昔前であれば、リウマチというのはあきらめるしかない病気だと思われていましたが、現代の医療は
非常に進歩しており、よく効く薬がたくさん出てきました。患者さまお一人お一人の症状、リスクなどを
勘案しながら、どのように薬を使うか専門医が慎重に見極めて投薬治療を行っております。